略歴

今まで

これから

木村 葵(Aoi KIMURA)

 

岩手県出身

1989 平成元年 生まれ

 

2008 国立 北海道教育大学 函館校
     人間地域科学 課程 入学

     情報科学 専攻

     情報デザイン 分野

     李知恩 研究室 所属
2012  卒業

2012  旅行代理店 勤務

2013 上京

    広告代理店 勤務

 

<実績>

リクルートの求人広告を対象とする

クリエイティブコンテスト(2013年3Q)

ネット媒体部門において全国3位入賞

 

2015年 独立

北海道教育大学への入学を機に北海道函館市へ。

 

情報デザイン分野では、情報と情報、情報と人、人と人との関係を理解し、情報を分かりやすいカタチにする方法を研究。

 

視覚表現(絵画)では「みやすさの設計」、機能表現(陶芸)では「つかいやすさの設計」、メディア表現(Illustrator,Photoshop)では「わかりやすさの設計」を軸に、3領域の理論と実技により感性とデジタルテクノロジーの融合を模索。

 

また、視覚情報から得られる感情の数値化(尺度)をはかる。SPSS(主因子法・プロマックス回転)による因子分析・印象評価から、理論的に情報をアプローチする方法を研究。日本感性工学会(東京・工学院大学)にてポスター形式にて発表。

 

卒業制作では、学部4年の春と重なった地元の東日本大震災を受けて、子どもが放射線について情報を取捨選択できるWEBサイトを制作。

 

ほか、デザインフェスタ(東京)やANBD(Asia Network Beyond Design/奈良・横浜)、定期アート展、卒業展示会の設営・出展。五稜郭タワーの新名物「桜の五稜郭クッキー」のパッケージデザイン担当など。

リクルート専属広告代理店での勤務を経て、2015年7月に独立。「左右デザイン事務所(SAYU Design Office)」を開業し、グラフィックデザイナー兼ライター活動中です。

 

現在(2016年7月時点)は、経験を活かした求人広告制作をメインに、食品ポータルサイトの記事の企画・執筆などを行なっております。ほか、名刺制作、自主制作映画のポスター・リーフレット・チケット制作、衣類用衿ネームデザインなどの実績あり。

 

オフィス名の由来は「人生を左右する大切な分岐点で力になりたい」「そのために情報をわかりやすくデザインしたい」・・・という想いから。

 

大学と広告代理店で学んだ「誰に・何を・どう言うか」を自分なりのカタチにして発信します。必要な人に、必要な情報が、早くわかりやすく届く、生きやすい社会形成へ(と言うと、大げさかもしれませんが)少しでもつながるとうれしいです。

 

当サイトやブログは、私の「知る→理解する→伝える」の練習帳です。

稚拙な部分もあるかと思いますが、よろしければゆったりとお付き合いください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

© 2016 SAYU Design Office